毎月第2水曜日 午後2時より
Otemachi-Oneタワー6階 物産会談話室にて

入会ご希望の方は 小池ザザ虫 にご連絡ください。takuo161115@gmail.com 

2023年 

1月

たとうれば夢二好みよ雪女郎      古谷 彰宏
石段を下までつなぐ落葉かな      吉田 遊閑 
出汁香り今日はおでんと妻の声     深町 牛歩           
庭紅葉終りて見える新景色       柿内 昌子
煮凝や先の見えざる仲なれど      青嶋カケス
煤逃げの行く当てもなく浮世床     林田 茶楽
「戦」が今年の漢字年の暮       土田 湖亭
枝ぶりは木ごとの個性冬木立      土元アブケン
数へ日やまずはひと日を墓掃除     中島 鳶      
数へ日やいつもの顔の角打ちに     鈴木 占爐
大綿や旅券の要らぬ国境        小池ザザ虫 

 

2022年

12月

堅田訪ひ須磨を訪ひ得し翁の忌     古谷 彰宏
母帰り畳まれてある秋袷        吉田 遊閑 
大根引き何度も仰ぐ空青し       深町 牛歩           
今引きし大根提げて友来たる      柿内 昌子
だるまさん一ツ転んだ暮の秋      青嶋カケス
子のことば剛速球の今朝の冬      林田 茶楽
冬らしき冬との予報ふと安堵      土田 湖亭
新海苔や焙りて磯の香り立つ      土元アブケン
秋明菊楚々と夢二の乙女かな      中島 鳶      
大根引き洗ふ両手に湯気の立ち     鈴木 占爐
青首をゆるりと摘み大根引き      小池ザザ虫

11月

高々と献納の稲掛けにけり      古谷 彰宏
田を仕舞ひ静まる一村後の月     吉田 遊閑 
妻留守のゆるり手酌やきのこ鍋    深町 牛歩           
命日の一汁一菜きのこ飯       柿内 昌子
木犀や夜も馥郁と岳飛廟       青嶋カケス
茸てふ裏街道の回し者        林田 茶楽
不漁とや高き値札の痩せ秋刀魚    土田 湖亭
気負ひ立つ案山子の肩に鳥の群れ   土元アブケン
柿落ちるこれも自然の間引きかな   中島 鳶  
人知れず奥山に狩る秋の草      鈴木 占爐
「天国と地獄」風に乗りくる運動会  小池ザザ虫 

10月

手漕ぎなる矢切の渡し赤とんぼ    古谷 彰宏
バス降りて立つ暗がりや虫時雨    吉田 遊閑 
赤とんぼ群れて溶け入る茜空     深町 牛歩           
未来ある戦禍の子供道に蝉      柿内 昌子
月こよひ湯屋の帰りの下駄の音    青嶋カケス
露の朝むかし牛乳瓶の音       林田 茶楽
落日と色を違へて赤蜻蛉       土田 湖亭
縁台に地酒一本月の客        土元アブケン
陶工の里に群れとぶ秋茜       中島 鳶      
赤蜻蛉枝先揺らし刻止める      鈴木 占爐
山荘の雨戸の軋む白露かな      小池ザザ虫 

9月

みな帰りひとり首振る扇風機               吉田 遊閑
嘉門次の写真色褪せ岩魚焼く               古谷 彰宏            
道産の水菓子頬張り暑気払い               柿内 昌子
短冊に幼き文字や天の川                      深町 牛歩
成田屋の見得一睨み梅雨明くる           青嶋カケス
夏痩せのまずは出でたる顎の線           林田 茶楽
負けて悔いなし向日葵は俯かず           土田 湖亭
茜色残りし水面青田風                         土元アブケン
地に影のあからさまなり夏木立           中島 鳶      
地唄舞ふ白足袋夏越を祓ひけり           鈴木 占爐
塩飴を一粒含む暑気払い                      小池ザザ虫 

7月

夏草や錆びたレールの行き止まり       吉田 遊閑
投入堂青嶺抉れるところかな              古谷 彰宏            
顔撫でる薔薇の香に酔う昼下がり       柿内 昌子
初夏の候あじさいの花カタツムリ       深町 牛歩
紫陽花のたゆたふ日々に老いかさね    青嶋カケス
武蔵野の野生の森や手毬花                  林田 茶楽
短夜の夢に疲れて覚めにけり              土田 湖亭
良き影を拾ひ歩きて夏木立                  土元アブケン
紫陽花や海の広がる切通し                  中島 鳶      
藍集め色移りゆく花四葩                      鈴木 占爐
あぢさゐの小径の開け岬馬                  小池ザザ虫 

6月

トンネルを出て万緑の全開す     吉田 遊閑
万緑に染み込むごとく朝散歩     深町 牛歩            
芍薬の添え木頼みに五つ六つ     柿内 昌子
ポーズ取る裸婦の肩ごし青葉雨    青嶋カケス
万緑や足裏に草の匂ひ立つ      林田 茶楽
新緑にふとそそられし樹木葬     土田 湖亭
ラーメンの行列長し夕暮暑      土元アブケン
吉野ケ里中に雲雀野耳澄ます     中島 鳶      
万緑や絵師の及ばぬ神の業      鈴木 占爐
軽々とカヌー抱へて川上へ      古谷 彰宏
万緑や伝ひ歩きの一歳児       小池ザザ虫 

5月

島囲む海の蒼さや紅椿        吉田 遊閑
青空を覆ひ隠して桜咲く       深町 牛歩            
空青く塀よりこぼる雪柳       柿内 昌子
抱卵の古巣に籠り微睡みぬ      青嶋カケス
春陰や黒き大地の慄きて       林田 茶楽
自粛して誰はばからぬ朝寝かな    土田 湖亭
花の香や何処より来る春の闇    土元アブケン
一心に手合はす婆や御開帳       中島 鳶      
角打ちに寄り合う老や古巣なる    鈴木 占爐
花に笑む子爵の像や飛鳥山      古谷 彰宏
牧牛の乳重たさう下萌ゆる      小池 ザザ虫 

4月

囀りを絶えず頭上に鍬ふるふ           吉田 遊閑  
老いた母ひ孫と遊ぶ雛まつり           深町 牛歩  
恩師には笑顔を置いて卒業す           柿内 昌子  
おぼろ夜やさのさ聞こゆる柳橋       青嶋 カケス  
保育器の子の卒業や桜の木              林田 茶楽  
遠き日や卒業と言ふ未来あり          土田 湖亭  
たんぽぽや次の列車は二時間後         土元 アブゲン  
それなりに生きればよしと卒業す      中島 鳶  
甲子園の次は神宮卒業子               吉内 雅二  
人生に卒業はなし将棋指す            鈴木 占爐  
臨月と見ゆる牛引き牧開               古谷 彰宏   
坂道を八の字歩き春の雪               小池 ザザ虫 

3月

海凪や静止画のごと寒に入る              吉田 遊閑
蕗の薹恋のあと味ほろ苦く                  深町 牛歩            
手を合わす親と子がいて福は内           柿内 昌子
伊豆の海や下照る波に魞(えり)を挿す    青嶋 カケス
寒風に屈みて丸し蕗の薹                      林田 茶楽
廃線となりて幾年蕗の薹                     土田 湖亭
蕗味噌は父の好物母の味                     土元 アブケン
蕗味噌を舐めてくんろと朝の市          中島 鳶
忍び手や社にひそと母子草                 吉内  雅二                                       
蕗の薹一握の春連れて来て                 鈴木 占爐 
着ぶくれの保線夫去れば無人駅         古谷 彰宏
恙なく傘寿と喜寿や蕗の薹           小池 ザザ虫

2月

厳しきは典座の指図大根漬く    古谷 彰宏 
店守る女手ひとつ聖樹立て     吉田 遊閑
喉細る母に一手間蕪蒸し      柿内 昌子
肉じゃがで妻と二人のクリスマス  深町 牛歩
泡盛を醸す浦々鯨浮く       青嶋 カケス
雨夜更け雪と変わりて聖夜かな   林田 茶楽
親と子で聖樹飾りし日の遠く    土田 湖亭
人毎に思ひ様々除夜の鐘      土元 アブケン
青春の日々は懐しキャロル聴く   中島 鳶
産院の明かり消えざる聖夜かな   吉内 雅二
神保町生誕賛歌の漏れきこえ    鈴木 占爐
小流れの流れにまかせ菜を洗ふ   小池 ザザ虫